売買偏り

通貨ペアの売買偏りからみた今週の戦略

未決済ポジションの偏りをトレードに生かす

未決済ポジションはどこかで決済されて、 反対売買が発生します。

その場合、どこかで買い戻しや売り戻しがあるので、そういう通貨を売買の偏りを見て判断する戦略です。

各通貨の比率自体はあまり重要ではなく、比率が増減してピークをつけるポイントが 重要だと思っています。

実際いくつかの通貨の価格の転換点が、 売買比率のピークと重なっているので、 買われすぎ売られすぎは、相場の転換点になるのかもしれません。

 

OANDAのサイトで情報公開

OANDA JAPANのサイトの「マーケット情報」に、「未決済ポジションの比率」というのがあって、 通貨別に売り買いの偏りを判断することができます。

各通貨の変化に注目して、 毎日データをとってエクセルでグラフ化しています。

このデータは無料で誰でも見れます

リンク:外国為替の未決済のポジションの比率

 

注目通貨のグラフです

 

先週と傾向は変わりなく、先週と同じ通貨を注目しています

豪ドルドル(AUDUSD)

売り残ピークです。チャート上では、週足でレンジ相場の上限なので、
下落開始したと見ています。

ドル円(USDJPY)

買い残がどんどん増えています。週足ボリンジャーバンドセンターライン
近くまで下がってきました。買い残がピークに近づいて、一旦反発がメインシナリオです。

ゴールド(XAUUSD)

売り残は先週に比べて順調に増えています、さらに上昇しそうです
今週は押し目を拾う戦略で、指値をしてみました。

投機筋先物ポジション(先週現在)

オアンダで、投機筋先物ポジションの推移をみることができます。

ユーロ、円、豪ドル、カナダドル、ニュージーランドドル、スイスフラン、
メキシコペソまで、先物ポジションの傾向を見ることができます。

先週現在のメキシコペソのポジションは、買い越しが減少してきました

豪ドルや、トルコリラの先行指標となるか注目です。

参考記事:
表の見方:エクセルグラフの工夫で傾向をつかむ

グラフ棒の太さは流通量の多さを表すようにしてみました

太線→細線→点線と流通量が低めになります

グラフで上に行くと買いが増えて、下に行くと売りが増えるイメージです

OANDA 口座開設はこちらから
OANDA Japan MT4


ランキングに参加しています、下のボタンをポチッと応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ

関連記事

  1. 売買偏り

    通貨ペアの売買偏りからみた今週の戦略

    未決済ポジションの偏りをトレードに生かす未決済ポジションはどこかで…

  2. 売買偏り

    通貨ペアの売買偏りからみた今週の戦略

    未決済ポジションの偏りをトレードに生かす未決済ポジションはどこかで…

  3. 売買偏り

    通貨ペアの売買偏りからみた今週の戦略

    未決済ポジションの偏りをトレードに生かす未決済ポジションはどこかで…

  4. 売買偏り

    通貨ペアの売買偏りからみた今週の戦略

    未決済ポジションの偏りをトレードに生かす未決済ポジションは…

  5. 売買偏り

    通貨ペアの売買偏りからみた今週の戦略

    未決済ポジションの偏りをトレードに生かす未決済ポジションはどこかで…

  6. 売買偏り

    通貨ペアの売買偏りからみた今週の戦略

    未決済ポジションの偏りをトレードに生かす未決済ポジションはどこかで…

FX MISSION ZERO

有料掲示板・メール配信

 

勝ちパターンが学べるコンテンツ満載の掲示板(質問コーナー、会員交流、動画等)と、勝ちパターンをメールで配信してくれる月額サービスです。

 

FX MISSION ZERO

一週間でマスター FX入門 なぜ鹿子木式は 銀行預金より安全で不動産投資より稼ぐのか?

10の勝ちパターン徹底解説セミナーDVD

 

2日間合計10時間にわたってFX MISSION ZEROの10の勝ちパターンを徹底解説したセミナーがDVD化されました。なんと全7枚のDVDセットで、「勝ちパターン」ごとの具体的なエントリー、エグジット、損切り方法も実践的に解説されています。

 

10の勝ちパターン徹底解説セミナーDVD

アーカイブ

  1. MT4

    MT4 マルチ画面活用 時間足一括変更編
  2. 投資情報

    日経平均暴落を利益にする方法
  3. FXライフハック術

    FXで破産する確率は?
  4. FXライフハック術

    FXでほとんどの人が負け組って本当?
  5. 仮想通貨

    仮想通貨を始める前にやった方が良いこと
PAGE TOP