売買偏り

通貨ペアの売買偏りからみた今週の戦略

未決済ポジションの偏りをトレードに生かす

未決済ポジションはどこかで決済されて、反対売買が発生します。

買いと思っている通貨があった場合

その通貨が売りポジションに傾いていたら

どこかで急激な買いがあるので、そういう通貨でトレードすれば

美味しいのではという戦略です。

 

各通貨の比率自体はあまり重要ではなく、

比率が増減してピークをつけるポイント

重要だと思っています。

 

実際いくつかの通貨のピークが、売買比率のピークと重なっているので

買われすぎ売られすぎは、相場の転換点になるのかもしれません。

 

OANDAのサイトで情報公開

OANDA JAPANのサイトの「マーケット情報」に

「未決済ポジションの比率」というのがあって、

通貨別に売り買いの偏りを判断することができます。

各通貨の変化に注目して、

毎日データをとってエクセルでグラフ化しています。

このデータは無料で誰でも見れます

リンク:外国為替の未決済のポジションの比率

 

今週の戦略です

注目通貨のグラフです

1204%e9%80%9a%e8%b2%a8

ドル円(USDJPY) ユーロドル(EURUSD)

ユーロドル、ドル円の買い残、売り残が、

いったんピークをつけたように見えます。

ドル円の一旦調整と、ユーロの上昇が始まるか注目です

ドルカナダ(USDCAD)

下落開始して買い残が増えてきました、

週足ボリンジャーバンド+1σを切っており、

週足ボリンジャーバンドセンターラインまでは下落余地あり

さらに-2σラインまで期待しています。

ユーロポンド(EURGBP)

買い残ピークとなっています、

現在月足ボリンジャーバンド+1σラインに位置し

売りと買いの分岐点という判断です。

 

表の見方:エクセルグラフの工夫で傾向をつかむ

グラフ棒の太さは流通量の多さを表すようにしてみました

太線→細線→点線と流通量が低めになります

グラフで上に行くと買いが増えて、下に行くと売りが増えるイメージです

OANDA 口座開設はこちらから
OANDA Japan MT4


ランキングに参加しています、下のボタンをポチッと応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ

関連記事

  1. 売買偏り

    2/14 通貨ペアの売買偏りからみた今週の戦略

    通貨ペアの売買偏りからみた今週の戦略…

  2. 売買偏り

    通貨ペアの売買偏りからみた今週の戦略

    未決済ポジションの偏りをトレードに生かす未決済ポジションはどこかで…

  3. 売買偏り

    通貨ペアの売買偏りからみた今週の戦略

    未決済ポジションの偏りをトレードに生かす未決済ポジションはどこかで…

  4. 売買偏り

    4/24 通貨ペアの売買偏りからみた今週の戦略

    通貨ペアの売買偏りからみた今週の戦略 売買の偏りは…

  5. 売買偏り

    通貨ペアの売買偏りからみた今週の戦略

    未決済ポジションの偏りをトレードに生かす未決済ポジションはどこかで…

  6. 売買偏り

    通貨ペアの売買偏りからみた今週の戦略

    未決済ポジションの偏りをトレードに生かす未決済ポジションはどこかで…

おすすめ記事

  1. FXライフハック術

    レバレッジを簡単に計算する方法
  2. FXライフハック術

    災害時充電 ソーラーより便利な方法があった
  3. 資産運用

    5分でわかる資産運用の比較 おすすめ低リスク投資
  4. FX MISSION ZERO

    銀行預金より安全で不動産投資より稼ぐ方法とは
  5. 仮想通貨

    マイイーサウォレット(MEW) ハッキング被害発生 対策は?
PAGE TOP
error: このコンテンツは保護されています