売買偏り

通貨ペアの売買偏りからみた今週の戦略

未決済ポジションの偏りをトレードに生かす

未決済ポジションはどこかで決済されて、反対売買が発生します。

買いと思っている通貨があった場合、その通貨が売りポジションに傾いていたら

どこかで急激な買いがあるので、そういう通貨でトレードすれば

美味しいのではという戦略です。

 

各通貨の比率自体はあまり重要ではなく、比率が増減してピークをつけるポイント

重要だと思っています。

実際いくつかの通貨のピークが、売買比率のピークと重なっているので

買われすぎ売られすぎは、相場の転換点になるのかもしれません。

 

OANDAのサイトで情報公開

OANDA JAPANのサイトの「マーケット情報」に「未決済ポジションの比率」というのがあって、

通貨別に売り買いの偏りを判断することができます。

各通貨の変化に注目して、毎日データをとってエクセルでグラフ化しています。

このデータは無料で誰でも見れます

リンク:外国為替の未決済のポジションの比率

 

今週の戦略です

注目通貨のみのグラフです

0821通貨

 

 

ユーロポンド(EURGBP)

ユーロポンドの売り残ピークのまま、さらに売り残が増えています

バンドウォーク上昇継続か、MISSION001の売り勝ちパターン出現で反落か

ここは上昇と下落の分岐点と判断しています。

 

豪ドルドル

売り残買い残のピークと高値安値のピークが一致しています。

8/12売り残のピークが高値とすると、あと1~2ヶ月調整相場入りの

可能性が出てきました。

 

ドルカナダ(USDCAD) ドルスイス(USDCHF)

共に買い残がピークに近づいています

そろそろ下落かと狙っています。

 

表の見方:エクセルグラフの工夫で傾向をつかむ

グラフ棒の太さは流通量の多さを表すようにしてみました

太線→細線→点線と流通量が低めになります

グラフで上に行くと買いが増えて、下に行くと売りが増えるイメージです

 

OANDA 口座開設はこちらから
OANDA Japan MT4

 


ランキングに参加しています、下のボタンをポチッと応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ

関連記事

  1. 売買偏り

    通貨ペアの売買偏りからみた今週の戦略

    未決済ポジションの偏りをトレードに生かす未決済ポジションはどこかで…

  2. 売買偏り

    通貨ペアの売買偏りからみた今週の戦略

    未決済ポジションの偏りをトレードに生かす未決済ポジションはどこかで…

  3. 売買偏り

    通貨ペアの売買偏りからみた今週の戦略

    未決済ポジションの偏りをトレードに生かす未決済ポジションはどこかで…

  4. 売買偏り

    6/19 通貨ペアの売買偏りからみた今週の戦略

    未決済ポジションの偏りをトレードに生かす未決済ポジションは…

  5. 売買偏り

    通貨ペアの売買偏りからみた今週の戦略

    未決済ポジションの偏りをトレードに生かす未決済ポジションはどこかで…

  6. 売買偏り

    通貨ペアの売買偏りからみた今週の戦略

    未決済ポジションの偏りをトレードに生かす未決済ポジションはどこかで…

おすすめ記事

  1. FXライフハック術

    FXで破産する確率は?
  2. MT4

    MT4マルチ画面活用 設定バックアップ&コピー編
  3. 仮想通貨

    仮想通貨取引所7社 行政処分 まとめ
  4. FX CFD会社

    CFDの3つの魅力
  5. MT4

    MT4の使い方 マルチ画面活用 一括設定編
PAGE TOP
error: このコンテンツは保護されています