MT4とは

MT4の使い方 マルチ画面活用 初期設定編

メタトレーダーで複数チャートを組表示で設定していく

2018年9月更新 

2018年最新 MT4対応業者の比較&おすすめ 記事もお読みください

MT4 対応 おすすめ FX業者 比較『2018年版』

 


備忘録的にMT4の設定や便利な使い方に関して アップしていきたいと思います。

管理人のトレードスタイルとして、

  • 日足 週足 月足 たまに4時間足
  • 銘柄は約40通貨ペア+株価指数+商品
  • 中長期と短期とデモの口座(業者)を分ける
  • 日経平均 NYダウ株価指数 原油も参考にトレード

となっています。

チャートの設定変更やインジケータを適用するだけでも

40通貨・画面×3業者=120回以上の設定変更となり大変な作業になります。

さらにバックアップ用PCとノートパソコンにも設定を反映させると気が遠くなります。(^_^;)

初期設定も含めて効率よく設定していきたいところです。

 

MT4使い方 関連記事:

 

簡単に設定でき、さらに変更が簡単にできる工夫目指していきたいと思います。

初期設定編として、変更や他のPCへの設定コピーは次回にアップします。

今回使う主な機能は

「表示通貨ペアの表示」「ウィンドウの整列」「チャートの組表示」とその保存です。

 

表示通貨ペアの表示

0.初期画面 だいたいどこの業者でもこんなもんですね

1

1.通貨の表示設定

まずすべての通貨ペアを表示させます

2

通貨ペアの画面で、右クリックして「すべて表示」を選択します。

そして「すべて表示」では通貨ペアが多すぎるので(特に海外業者)、必要ない通貨はその通貨を選択して、右クリックで「非表示」delete」で表示を削除します。

削除できたら適当な通貨を選択して、右クリックで「セット」→「名前をつけて保存」でお気に入りの通貨グループとして保存しておきます。

9

 

2.初期画面のチャートを削除して、チャートを再設定

初期画面のチャートは全部消して、何もない画面にします。管理人の好みで、4分割画面(2通貨×2種類時間足)にしてグループ登録していきます。

「画面設計図」

19

これを1グループとして、40通貨なので20グループ登録を目標とします

 

チャートの整列とインディケータの設定

3.ウィンドウの整列

適当に通貨を選択して、右クリックで「チャート表示」を選択

4画面なので4回繰り返し

3

画面整列ボタン押します

20

画面が整列しました

10

4.チャートに通貨と時間の設定

上2画面に、EURUSD通貨を選択して、チャートにドラッグ&ドロップ

  1. 下2画面に、GBPJPY通貨を選択して、チャートにドラッグ&ドロップ
  2. 最後に画面毎に時間足を変更

21

画面は好みですが、画面右クリック「プロパティ」選択して配色を「BLACKonWHITE」に変更し、チャートをローソク足に変更

7

5.ボリンジャーバンドの設定

さてローソク足チャートにボリンジャーバンドを追加します、管理人が取り組んでいる手法では、期間21のボリンジャーバンドにすることが基本です。

 

まず偏差1を赤で設定、次に偏差2を青で設定(順番重要)、これでチャート出来上がり!

14 13

 

チャートの組表示とその保存

6.チャートの設定をテンプレートに保存

せっかく設定したチャートですから、テンプレートとして

保存します。設定したチャートを選択して右クリック、

「定型チャート」→「定型として保存」

で適当な名前つけて保存します

15

 

7.すべてのチャートにテンプレートを適用

残りのチャートを選んで右クリックして、

「定型チャート」→「読み込み」

さきほど保存したテンプレートを選んで適用します

16

設計図の通り、チャートを選択して時間足を変更します

22

できた!

23

 

8.通貨を変更して、グループ(組み表示)登録

通貨チャート毎にグループとして登録していきます。

まず、左の通貨を選択してドラッグアンドドロップすると、チャートの通貨を変更できます。

24

なぜグループ単位で表示させるのか?

  • 通貨をすばやく選ぶことができる
  • 多くの通貨をひとつのグループ(組)で表示させると動作が重くなる

 

変更した通貨の組み合わせで、わかりやすい名前(EURJPY GBPJPYとか)をつけて保存していきます。

「チャートの組表示」ボタン押して、「名前をつけて保存」名前を入力して「OK」押して保存します

25

組み表示設定保存できました!(これはサンプルの組み表示です)

26

これで初期設定は終了、次回はチャートの一括変更に挑戦してみたいと思います。

 

政策金利24%になったトルコリラをMT4でトレード

他業社と比べても、高いスワップポイントです。

暴落もひとまず収まったので、今がトレードのチャンスですね。

オアンダジャパン
スワップポイント:9.55(2018年9月14日現在)
取り扱い通貨ペア:71
特徴:MT4対応業者、MT4でトルコリラのトレードができます。さらに1通貨単位から売買できるので、資金が少なくても、外貨預金 積み立て感覚で取引できます。MT4対応のツールの充実度も他社を引き離しています。

OANDA Japan MT4

ランキングに参加しています、ぽちっと応援してください!

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ

関連記事

  1. MT4の使い方

    為替レートをアラート通知する方法 MT4編

    通知機能を使ってトレードする管理人は基本的に日足以上のトレードなの…

  2. MT4とは

    意外と知らないMT4テクニック3連発 その2

     MT4で知られていない機能のまとめ今週末は3連休なのですが、…

  3. FX 実践術

    MT4をスマホで活用

    MetaTrader(MT4)のスマホアプリはとても便利管理人は主…

  4. MT4の使い方

    MT4 注文方法 誰も教えてくれなかった操作

    マウス機能を使って発注する方法MT4の注文操作は、使いにくいという…

  5. MT4とは

    意外と知らないMT4テクニック3連発 その1

    MT4で、あまり知られていない機能まとめMT4はFXでトレードする…

  6. MT4とは

    意外と知らないMT4テクニック3連発 その3

     MT4で知られていない機能のまとめ今週末は3連休なのですが、年末…

おすすめ FX会社

おすすめ記事

まめぱぱTwitter

  1. FX 実践術

    格安スマホは使えるか?
  2. MT4とは

    MT4の使い方 マルチ画面活用 一括設定編
  3. 仮想通貨

    仮想通貨を始める前にやった方が良いこと
  4. おすすめ FX業者

    MT4(メタトレーダー)が使えるFX業者
  5. 外国為替(FX)

    FX失敗・大損・破産・退場の事例と体験談集
PAGE TOP
error: このコンテンツは保護されています